景気に左右されてローンが払えなくなることもある

ローンを計算する

人生で最大の買い物といわれているのが、家やマンションですね。夢と希望を持って、一戸建ての住宅やマンションを買うのです。借家にいるより、やっぱりいい! もう最高です。
でも、普通はローンを組むことになりますよね。

この住宅購入で多くの人は現金で買うことはできませんから、頭金をためて、残りをローンで支払う訳です。このローンは月々の支払いと、ボーナス時期に上乗せして支払うタイプが多いと思います。

あなたな資産を持ったことになります

ここで忘れてはいけないことがあります。一戸建ての住宅やマンションを購入したということは、あなたは資産を持ったということです。そう、固定資産です。つまり、固定資産税の支払い義務が発生することを忘れてはいけないのです。

そう、余計な出費がかさむのです。

どこに建てたか、あるいは買ったかで、価値が変わってきますから、都内に所有すると割高になってしまいますね。

こういうことは、購入前に不動産屋さんに確認しておく必要があると思いますので、忘れずにしてください。

景気に左右される民間企業はつらい

家のローンが払えない
公務員は別ですが、一般企業に勤務している人は、その企業の業績や景気によって収入が減ってしまうことがあります。業績が著しく悪化した場合、ボーナスカットだってあり得るわけです。

そしたら、それをあてにしていた支払いができなくなってしまいますよ。

さらに、リストラなんかされたら、この先のローンの支払いのめどは立たなくなってしまう可能性があります。仮に、すぐに再就職ができたとしても、以前と同じ収入にはならないことが多いですから、やはり、ローンの支払いが大変なのは変わりません。

なぜ、こんな夢もないようなことを書くのかというと、実際にこういうことが起きて、支払いができなくなって、家やマンションを手放してしまうことが結構あるんです。自分は大丈夫とは思はないほうが良いですよ。

こうなってしまう原因は、企業の業績や景気のせいばかりではありません。自分たちの支払い能力ギリギリのローンを組んでしまうことです。これは、ちょっとしたきっかけで、支払いが滞ってしまうことになりかねません。

上手にローンを組むために考えておくこと

生活の質を落とさず、家やマンションのグレードを落としてローン返済の金額をいくらでも抑えることが大切です。見栄を張ってはいけません。また、なるべく頭金を多く貯めてからにするべきでしょうね。

ローンが支払えなくなることは考えたくはありませんが、もし、ローンが支払えなくなった時の対処法は、ローンを組む前に考えておきましょう。

家を手放して済むのか済まないのか...。

もし、不幸にしてローンが払えなくて、家を手放したりしても人生終わりではありません。その時は、大きな喪失感や挫折を感じるかもしれません。

しかし、あなたには再起できるチャンスがあるはずです。

もう終わりだと思わなければ、あなたが何歳であろうがチャンスはあります。
あなたが、諦めないでチャレンジすれば、きっと道は開けてきますよ。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ