「一万円起業」を読んで、あなたも“起業”するためのヒントをつかむ

一万円起業

多かれ少なかれ、将来は○○なことをしてみたい、と思ったことがあると思います。
自分で何かを始めてみたい、あるいは起業してみたいという欲求は誰でも持っているのではないでしょうか。

社会人になって働き始めると、頭の片隅に○○をしたいと思っていても仕事が忙しすぎたりして余ほどのきっかけがないと、なかなかできないものです。

簡単に起業できるわけでもないはず

「一万円起業」という本はとても面白く、納得できる内容です。

自分で一念発起して会社を立ち上げるか! ベンチャービジネスだ! と言っても、なかなか踏み切れなかったり、資金や設備、人などどうしたらいいのか、営業ってどうすればいいの...、と考えてしまうと折角の情熱も思考もストップしてしまいそうになりませんか。

確かに、ある程度の資金を投入できればビジネスとして立ち上げることはできますが、それが成功するかどうかは別な話です。

仮にあなたが、これまで培ってきた人脈を頼りに会社を辞めて起業したとします。しかし、それまでの人脈は今までお世話になっていた会社に属していて会社の肩書と看板があったから成立していたのかもしれないのです。

それって、利害関係であるということです。

起業することで、これまでの人脈との間に利害関係がなければ、その人たちは本気で応援することはないと思います。だって、人脈といわれてきた人にとっては、何のメリットもないのですから。

しかし、こんなことを防ぐためには、会社にいるときから○○をやる予定なんです。と関連するよう人たちにPRをしておくべきです。

起業するには、どんなふうに始めたらいいのでしょうか

アイディアで起業する
多くの人は、多額の資金をつぎ込めません。何か手立てはないのでしょうか?

起業するにしても、何をしたらいいのか? と考えてしまいますね。

「一万円起業」で紹介されていたのは、そもそも、起業するとは考えていなかったが、結果的にそうなってしまったというのです。

つまり、自分が得意なこと、好きなこと、便利になるようなことを考えてやっていたら、他の人のためになることだったと言う訳です。そして、これで収益を上げることができてしまったのです。

それが、これまでより収入が多くなってしまい、それ一本で仕事をしていることが紹介されています。

驚くことに、それを始めるための資金が数万円程度だということです。これは、そもそも、起業しようと考えていないから必要最低限で良かったのですね。

いきなり起業しました、よりも、空いた時間を利用して副業のように自分がしてみたいこと、得意なことにアイディアを加えて始めるのがいいのだと思います。

この本で紹介していのは、外国の例ばかりですが、日本でも空いた時間を利用して副業をしている人はたくさんいます。そして、それが本業になった人もいるのです。

起業は自分のアイディアで小さいところから始める

この小さく、資金も少なく始めている人達は、動きが早いそうです。そして、失敗しても被害が小さいですから、修正も効きやすいんですね。

あれはどうしよう、これはどうしよう、ではなく、そうなってから考えても全く遅くないのです。それは、小さく始めているからですね。

みなさんも、自分で何かをして稼ぎたいと思っていませんか。

自分がしたいこと、得意なことを生かして起業することはとてもいいことですが、ひとつ忘れてはならないことがあります。それは、顧客が満足する価値の商品やサービスを提供できるのかです。

一番気をつけてほしいのが、安く製品やサービスを提供することです。これをやってしまうと、価格競争に巻き込まれてしまいます。個人でやっていることを価格で大手に太刀打ちはできません。

ですので、素晴らしい価値を提供するようにすれば、収益はうなぎのぼりです。

起業を考えている人は、一度「一万円起業」を読むことを勧めます。一般的なビジネス書ではないのですが、起業するうえでのヒントがたくさん書かれています。

始める前に読む。そして、始めた後にも読んでみる。

これで、成功に一歩近づきましたよ。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ