失敗を恐れて行動できない人は、自分の成功をイメージできていない

失敗を意識する

自分自身の成功のためには、何らかの行動をすることは欠かせません。その行動が素早い人と遅い人がいると感じます。こういう差はどうして出るのでしょうか?

性格でしょうか、育った環境なのでしょうか、それとも自己イメージがそうさせてしまうのでしょうか・・・。

誰でも失敗はしたくないと思っていますよね。これが、仕事や事業、受験ならなおさらですね。

例えば、事業を始めようと思っているならば、事業に必要な内容を着々とこなしていくことになりますが、事業に失敗したらどうしようという思いがあれば、事業を始めようとは思えないはずです。

恋愛だってそうです。好きだと思う人に告白しようと思っていたとしても、断られたらどうしよう、恥ずかしいかも、なんて考えていたら一生恋愛をすることはできなくなってしまいます。

断られたらどうしようと考える前に、とりあえずは告白しようと行動をとる人だっています。こういう行動力のある人は意外に成功しているんですけどね・・・。

自分が持っているイメージのようになってしまう

では、行動できない人がいるのはどうしてでしょうか?

それは、失敗したらどうしようと、先に失敗のことを考えてしまうから、どうしても先に進めなくなっているのではないでしょうか。

何をするにも、先に失敗のことに意識を向けてしまっているので、これでは成功はしずらいですね。そしたら潜在意識だってうまく働いてくれませんよ。

では、失敗を先に意識してしまう人はどうしたらいいのでしょうね。
そのためには、成功するために必要な準備をを全てやることです。これは、自分で気づいたことだけでもいいです。

そうすると、失敗する不安が小さくなり少しずつ自信をつけることが出来るようになってくるはずです。

もちろんこれが全てではありませんが、行動できない人は心の中に不安があるためですから、不安を小さくすることって大事なんです。

また、自分はいつも失敗してしまうという自己イメージを持っている人がいます。こういう自己イメージを変えなければ行動はできないままです。
この自己イメージは、勝手に思い込んでしまっているだけなのです。ですから勝手に良いほうに思い込んでしまうのが良いのですよ。

それに、自分が成功する、あるいは成功しているとイメージできていないのも原因にあると思います。

自分が成功しているところをちゃんとイメージできるということは、そのために必要な行動を後押ししてくれます。

いつだって成功している良いイメージを持つこと

成功のイメージそういうイメージが出来ていない人は、自分が成功しているというイメージを持つことが大切なんです。そうすることによって、潜在意識が良い方向に働いてくれます。

私は、どちらかというと考えて考えて、なかなか行動に移せないタイプでした。
石橋をたたいて渡るというレベルではなく、石橋をたたいて、たたいて、叩き壊してしまっていた感じです。そしたら渡れませんね。

こういうときは、気持ちもマイナスオーラで包まれていてしますから、何をしてもいいはずがありませんでした。ただ、良いはずがないというのも、もしかしたら自分が勝手にそう思っていただけなのかもしれないのです・・・。

現在では、そういう意識を改めて、悪いようには考えない、良いほうに考えるようにしてきました。すると気持ちが楽になってきましたね・・・。失敗することを恐れても仕方がないと思えるようになってきました。

悪いイメージではなく良いイメージを持つようにすると、潜在意識だっていいほうに働いてくれるはずですよ。そう、成功しているイメージを持つようにしましょうね。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ