時には愚痴を言うことで悪いことを引き寄せなくなる

愚痴を我慢する

愚痴や悪口を言うこと、そういうことを引き寄せてしまうと言います。良い言葉をくちにすることがいいのでしたね。

でも、どうしても愚痴を言いたくなってしまうことだってあります。それを我慢できなくなってしまいます。みなさんだって、やっぱり愚痴ったりすることってありませんか?
こういう場合はどうしたらいいのでしょうね・・・。

愚痴を言ってスッキリしてみると

愚痴や悪口を言わないで我慢していることは、その時点でそのことに意識を集中していることになってしまいます。ということは、ますますそういう状況を引き寄せてしまいます。

言わないようにしていることで、なんだか心の中がモヤモヤしてしまうでしょうね。
一番いいのは、考えないようにするのが良いのですが、それはちょっと無理かもしれませんね・・・。

愚痴を口に出していうこういう状況は、腹の中に溜めすぎた不満や不平などから、愚痴を言いたくなってしまいます。それを我慢しているのに、そういうことに意識が向いてしまっているので、そういう場合は、一度、我慢していた愚痴を思い切り出してみたほうが良いと思います。

友だちに話を聞いてもらうと、なんだか気持ちが楽になったという経験はないですか。話を聞いてもらっただけで、問題は解決していないはずなのに、気持ちが楽になってしまうのですから不思議ですね。

要は、これと同じで発想で、友だちや信頼できる人に愚痴ってみるのです。ただ愚痴だけでなく、自分はこうしたいとか、こうするともっと良くなるとか、前向きは意見を併せていうことを忘れてはいけません。こうすることで、マイナスの話がプラスの話になるからです。

こういう形で前向きな気分になれるのなら、我慢しないで口に出したほうが良いはずですね。しかし、それが毎日のように続くようであれば、ただの愚痴ですからそれはダメです。

やっぱり、悪いことをくちにはしないほうが良い

勘違いしてほしくないのは、他の人を批判することってありますね。それと、悪口は似ているようで全く別物です。批判することは、それに代わる代替案を持っているということで、それは前向きな考えですが、代替案を持っていないと、それは批判ではなく非難になってしまいます。

人間、どうしても言いたくなってしまうことだってあります。文句の一つや二つ出ることもあると思います。一番注意しなければならないことは、いつもそのことに注意を向けないということです。そうすると、その注意を向けていることを引き寄せてしまうからです。

そうならないように、もっといいことを引き寄せるように、意識の向け方を注意したほうが良いですね。

人を非難す言葉や悪口は、やっぱり言わないほうが良いですね。感情的な言葉になってしまうと、引き寄せるとか引き寄せないとかではなく、もっと厄介なことになってしまうことだってあり得ます。その辺は十分に気をつけなければなりませんよ。

愚痴を言わないように我慢することがいいこととは限りません。時には、言いたいことを言って気持ちを切り替えることだって必要なはずです。

なるべく気にならないようになるのが良いのですが、そのためにはいいことや楽しいことを考えるようにすると、だんだん気にならなくなってきますよ。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ