自分が何に反応しているかを知ると、潜在意識をコントロールしやすくなる

反応してイライラする

みなさんはいつもどんなことが気になっていますか?
普段はあまり考えていと思っていても、自分が無意識に何を気にして何に反応しているのかを知ると、潜在意識をうまくコントロールできるかもしれません。

いつもどんなことに反応していますか? もしかすると、それはいつも同じようなことではありませんか・・・。それが良いことならばそのままでいいのですが、腹立たしいこと、イライラしてしまうこと、憤慨してしまうことなどが多いと、それは潜在意識にそういうことを働きかけてしまい同じようなことを引き寄せているのかもしれません。

こんなことに反応して、怒ったりイライラしたり・・・

赤ちゃんがいる母親は、赤ちゃんのちょっとした声にすぐに反応してしまいます。当然ですがこれは母親としての無意識の反応だと思います。
もし、これに反応しなければ赤ちゃんの生命は危うくなってしまいます。

みなさんは、いつもどんなことに反応しているのでしょうか・・・。
車を運転していて、急な割り込みをされたときはいつも腹立たしく思ってしまう人もいますが、危険なのでもっと気を使って運転しようと思う人もいます。

電車の中で携帯電話で平気で話をしている人を見ると(最近ではあまり見かけませんね)、マナー違反だと腹立たしい気持ちになる人もいるかもしれませんが、そう気にならない人もいます。ちなみに、海外ではマナー違反ではないようです。

LINEがいつも気になって、スマホを手放せなくて、いつ寝ていいのかわからなくなってしまう人もいますが、全く気にならない人もいるのです。

こういうことに無意識に反応していることってたくさんあるはずです。それが怒りを感じたりイライラしてしまうようなことだと、そういう意識を向けてしまっているので、当然、潜在意識としてはそういうことを強烈に引き寄せてしまうのかもしれません。

いつもそういうことに反応してしまい、それがいつまでも繰り返されてしまいます。

反応してしまうことに意識を向けない

意識を変えるみなさんが反応してしまっていることで、いつの間にかそれも長い間反応していることってありませんか?
こういう反応は誰かに強制されたわけではなく、自分で勝手に反応しているということはわかりますよね。

でも、こういう反応はできれば変えたほうが良いはずです。何もしないで、いつも腹立たしかったりイライラしたりしなくていいのですから・・・。

これらの反応を変えることで、潜在意識に望ましいことを働きかけることが出来るはずです。そのためには自分が何を気にして何に反応してしまうのかをピックアップしてみましょう。意外に数が多いかもしれません。

それらの反応してしまうことに意識を向けないことが大切なんですが、急にはそうなりませんね。

ですので、そういう反応をして憤ってしまったら、それをそのままにせず、別な状況と置き換えるようにしてみましょう。その状況とは自分にとって良いことですよ。

たとえば、車の渋滞にはまってしまって時間ばかり気にしてイライラしているのを、ちょっと気持ちを変えて、その時に他のことを考えたり、風景を観察したりするということです。

こういうことを繰り返すことで、潜在意識には良い意識が伝わり、良い状況を引き寄せることになります。

みなさんも、自分が何に反応しているのかを考えてみませんか・・・。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ