陰口や悪口を言ってしまいネガティブな気持ちなら、プラスの言葉で上書きすること

陰口や悪口を言う

どんな人でも人の陰口や悪口を言ってしまうことがあります。何人かで話をしていたりしていると、誰かの言葉についうっかり乗ってしまい、そういうことを言ってしまうことだってあります。

心からそう思っていなくても、その発言はまずいですよね。そういうときには、何らかの対処法ってあるのでしょうか・・・。

自分が言っている悪口や陰口は、自分に返ってくるって知っていますか

意識して他の人の陰口や悪口を言う人がいます。こうなってしまうと憎しみに近い感情を持っているのかもしれません。これでは理由がどうであれ好きか嫌いかのような気持ちですから、これを無くすのは大変です。

しかし、ついうっかり口に出てしまう悪口や陰口だってあるはずです。自分に悪気があって言っているのではなく、話の流れで言ってしまうことはありませんか・・・。

そのときはさほど気にならないかもしれませんが、後で考えるとなんであんなことを言ったんだろうと考えてしまうことがあったりするはずです。

こういうときの気分は、ネガティブな気持ちになっているはずです。もしかすると、悪口や陰口を言った時からネガティブな気持ちになっているのかもしれませんよ。

また、こういう他の人のことに対して口に出している言葉は、自分の経験として返ってくることがあります。つまり、悪口や陰口を言っていると、他の誰かがあなたの悪口や陰口を言っているということです。

そんなはずはないと思っていても、それはあなたがそれに気づいていないだけなのです。場合によっては、面と向かって言われるかもしれませんよ。
そう考えると、ちょっと怖いです・・・。

陰口や悪口を言ってしまったとしたら、その人をフォローする言葉が必要

マイナスをプラスにするでは、そういう悪口や陰口をついうっかり言ってしまったらどうしたらいいのでしょうか・・・。

本当なら悪口や陰口は言わないほうが良いに決まっています。この言葉は、マイナスのエネルギーを持っていますから言った本人の潜在意識にマイナスの印象を与えてしまいます。

言ってしまったことは仕方がありません。マイナスをプラスに戻すことを考えましょう。

もし、悪口や陰口を言ってしまったその時に、嫌な気持ちになっていたらその話の中で、悪口や陰口を否定するような、良い言葉を言ってマイナスの印象を変えることです。

たとえば、誰かの悪口や陰口を言ってしまったとしたら、その人のいいところを見つけてフォローする形の言葉を話すことです。これでマイナスをプラスに戻せることができます。

ですので、ついうっかりでも悪口や陰口の言いっぱなしはダメです。

意識してもしくは無意識で悪口や陰口を言っている人は、それを言って当たり前だと思って言います。こういう人を見るとちょっと悲しくなってしまいます。だって残念な人なんですよ・・・。自分にマイナスの呪文を言っているのですから・・・。

みなさんも意識しないで悪口や陰口を言っているかもしれません。その言葉には幸せは含まれていませんね。誰だって悪口や陰口を言われたら嫌な気持ちになってしまうはずです。それを自分が言っているのだということを自覚しなければなりません。

そんな言葉よりも明るく前向きな言葉を使うように心がけましょう。そうすることで、潜在意識は良いほうに働いてくれるはずです。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ