いつも文句を言っている人は、運も潜在意識も味方になってくれない。

文句を言う人

男女を問わず、いつだって文句を言っている人っていますよね。何かにつけていつも文句を言っているんです。みなさんの周りには思い当たる人っていませんか?

当の本人は、意外にも自分はいつも文句を言っているとは思っていないものなのですよ。

文句を言っている人のどんなことが悪いのか?

文句を言っている人は、自分が悪気があっていっているわけではないので、悪いことを言っているつもりがありません、むしろ正当な意見だと思っているかもしれません。しかし、それを聞かされている人の立場になってみれば、ちょっと止めて! と言いたくなってしまいます。他人に対する文句を聞かされても、同調することもできませんしね・・・。文句があるなら直接言ってくれ!

もし、一緒になって文句を言っている人は、自分の言葉が正しいことなのかを気をつけてくださいね。

では、なぜ文句を言ってしまうのでしょうか?
その第一の理由は、ストレスではないでしょうか。ストレスがたまってくるとそのはけ口がないために、文句という形で知らず知らずに、ストレスを発散しているのかもしれません。また、自己防衛なのかもしれません。自分が被害を被らないようにするために、文句を言っているのかもしれません。

それから考えられるのが、責任逃れという側面もあると思います。文句を言うことで、自分には責任が無いというアピールをしてる場合があります。こでだとちょっと悲しいですよね。

文句を言っている人は、これは自分の意見や主義主張だと勘違いしている人もいるはずです。でも、意見や主義主張は、それにふさわしい場所で述べるべきで普通の友達や同僚との間で交わしてもあまり意味がないと思いませんか。

文句と同じように陰口を言う人がいます。意味合いはちがいますが、同じような害がありますので、そういうことは言わない聞かないを通してください。

文句を言うとどんなことになってしまうのか?

運も潜在意識も味方にならない何かの文句を言うことは、自分に対しても文句を言っているのと同じことです。こういう言葉が直接自分の耳に入ってしまい、知らず知らずに自分に害を与えているのです。これは、自己暗示をかけているのと同じ働きです。

そしたら、潜在意識にその文句が伝わってしまい言っていることを自分に実現してしまうことになります。つまりは、文句を言うような状況がさらに増えてしまういその状態からは抜け出せなくなってしまい、いつまでも文句を言う人生になってしまいます。

そしたら、いつまでも周りの人から煙たがられてしまいますよね。そして結局は、自分にはいいことが起こらなくなってしまうのです。つまり、いい運が自分に流れてこなくなってしまいます。それは当然だと思いませんか・・・。

運や潜在意識を自分の味方にするには、文句言わないようにしたほうが良いですよ。だって、前向きな発言の人には潜在意識がいい方向に働きますから運が味方するのと同じになるのですよ。

余談ですが、ここで参考までにゲッツ!!でおなじみのダンディ坂野さんの考え方を紹介したいと思います。
ダンディ坂野さんは、絶対に他人の悪口を言わない、それに、常に周囲の人への感謝を忘れない、と決めているそうです。これは、自分が嫌な人間になってしまうと、周りも嫌な人間ばかりになってしまうと思っているからです。逆に、自分が良い人であろうと心がければ、良い人が集まってくると思っているとのことです。

その通りだと思いまませんか・・・。

ダンディ坂野さんは、最近ではあまりテレビには出ていませんが、地方営業を手堅くこなして、安定した収入があるそうです。これは、こうした考えがあるからなのだと思いますよ。
あの顔を見れは、人がよさそうな感じはしますし、悪い事も出来なさそうですよね。

もし、文句を言ってしまっているならば、早めになおしたほうが良いですよ。
でも、気づかなかったら・・・。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ