幸せそうにしている人を見て嫉ましい気持ちになってしまう人は、いつまでも幸せになれないかもしれない

嫉ましい気持ち

普段の生活をしていて、自分の身の回りやあるいはテレビなどで幸せそうにしている人を見ることがありますよね。そういう人を見て嫉ましいという気持ちになってしまうことってありませんか?

自分は幸せでないと思っていて、他の人が幸せでいるのが許せないという人もいますし、どうして自分は幸せになれないのだろうと思っている人もいます。

そういう他の人の境遇を妬ましいと思っていると、自分はいつまでたっても幸せになれないかもしれませんよ・・・。

他の人の幸せを妬ましいと思っていると、自分の不満をまき散らしているのと同じかもしれない

みなさんは他の人に幸運が訪れた時によかったと思えるほうですか。それとも、そうしてあの人が幸せになるのと思ってしまうほうでしょうか。

他の人の幸せを喜べるってとても素敵なことだとは思いませんか。しかし、自分は幸せではない、どうせ自分なんて、良いことなんか一つもない、といつもそのように感じている人は、他の人の幸せを素直に喜べないのではないでしょうか。

ということは、いつも周りの人に不満をまき散らしているかもしれません。それは、自分が幸せでないのに、他の人が幸せになっているのが許せないと感じているからかもしれません。そして、それは今の状況に不満を持っているということです。

これは、自分と同じような不幸だと思っている人と話をしているとそういう不満をお互いに打ち明けているような状況です。すなわち、同病相憐れむといった感じでしょうか・・・。それでストレスを発散しているのかもしれません。

こういう状況でいると、いつもイライラしていたりなにかに不満を抱えているような気持でいるのでしょうね。すると、ちょっとしたことでも文句を言ってしまったり、あるいは何かに八つ当たりすることが多くなってしまうかもしれません。

それが、子供に向けられたらたまったものではありませんよね・・・。

私も以前は、不満だらけの状態でいつもうイライラした状況でした。そんな時ってやっぱり良いことって起きないのです。後から考えればかなり悪いと感じてしまうようなことを引き寄せていたようです。

他の人の幸せを喜べないならば、その幸せを全く考えないほうがいい

幸せそうな夫婦幸せそうな人を見て素直に喜べないのは、自分と同じような境遇になればいいのにと思っているからかもしれません。これって、その幸せが自分に無ければいいと自分に言い聞かせていることと同じなのです。

そうなので、幸せそうな人を見るといつも自分に幸せがないようにと思っていることになっているのです。そしたら、自分が幸せになることってありませんよね。いつも、自分に向けて幸せにならないほうがいいといい続けているのですから・・・。

それに気づかなければ、いつまでも幸せになることなないかもしれませんし、自分がこうしたい、ああしたい、何らかの目標を達成したいと思っていたとしても、その願望はなかなか達成しずらいかもしれません。

だって、いつも自分は幸せにならないほうがいいと思っているのですから・・・。

いや、自分は幸せになりたりと思っているのでそんなことはないと思っているかもしれませんが、そうではないのです。他の人が幸せそうにしているのを見て、嫉ましい気持ちになってしまい、あなたも私と同じように幸せがなければいいのにと思ってしまうことは、潜在意識に向けていることなのです。

潜在意識は、誰が幸せになればいいかではなく、幸せでなければいいのにという気持ちを受け入れてしまいます。つまり主語は関係ないのです。

なので、いつまでたっても自分が幸せになれなくなってしまうかもしれないのです。

そうならないためには、他の人の幸せは一緒になって喜んだほうがいいのです。もしそれができないのであれば、他の人のことを考えないようにしたほうがいいのです。だって、自分には関係がないからです。

仮に、知人が宝くじに当たったとしましょう。それも大金です。その話を聞いた自分は、なんであの人が当たって自分には当たらないのだろうと思ってしまうかもしれませんね。その時に妬ましい気持ちが出ないようにならなければなりません。

みなさんは、素直にその知人の幸福を喜べますか?

なかなかそうな出来ないというのであれば、こんな風に考えるのがいいかもしれません。それは、自分が住んでいる地域で宝くじが当たってよかった。これで少しでも町が活性化するかもしれないという感じです。つまり、第三者的に考えればいいのです。

他の人にやさしくできるようになると、他の人の幸せを喜べるようになり自分も幸せになれる

私が実践して効果があったと感じることは車の運転です。

車を運転していると、割り込んでくる車もしますし、ノロノロしている人もいます。つまり、イライラしたり頭に血が上ってしまったりすることって多くなります。そしたら、自分本位な乱暴な運手になってしまいますよね。つまり、他の人の行為が許せない状態です。

これって、自分に幸せが来ないように思ってしまっていることと同じなんです。

なので、そういう他の人が許せないという思いを無くすために、安全運転そして譲り合いに徹してみたのです。そして、自分は高級車に乗っているつもりで悠々構えている感じです。

すると、これまでのイライラが嘘のように少なくなってきました。

特に気を付けているのが、業務用の車をなるべく優先してあげようということです。そうすることで、その人たちの業務が少しでもスムーズに運んでいるかもしれませんから。

自分本位の運転を続けていると、事故にも遭遇しやすくなってしまいます。つまり、自分に幸せがないようにということになってしまうのです・・・。

いかがでしたか、もし今自分が幸せでないと感じていて、他の人が幸せそうにしているのを見ると妬ましいといい気持ちが起こってしまうなら、なるべく早くそれを喜べるような気持に変えたほうが良いことが起こります。

というのも、他の人が幸せでなければいいのにという気持ちは、自分が幸せでなければいいのにということと同じです、なので、自分はこんな目標を持っている、幸せな結婚をしたい、というようなことが達成しずらくなってしまうかもしれないのです。

そうならないためにも、他の人の幸せを喜べるような心になりたいですよね・・・。でも、そういう心にはなれるのですよ。それもあなたの気持ち次第です、自分を変えることができるのは自分だけなのですから・・・。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ