小さな成功体験に意識を向けないと、大きな成功を引き寄せられない

失敗ばかりで成功しない

これまでの人生で失敗が多くて成功したと思えるようなことがないなぁ、と思っている人はいませんか。

何でこうなってしまうのだろう、運が悪いのかなぁ、と思ってしまうことがあるでしょう。しかし、それは失敗しているというマイナスの方向を見ているからそう思ってしまうのです。

本当は小さいながらも成功をしていることがあるはずなのに、そこに意識を向けないからいつも失敗ばかりで成功していないと思ってしまうのです。

これを変えることができれば、自分は成功を引き寄せやすくなると思えるはずです。

何をやっても成功しないという意識を持っていると、成功を引き寄せることはできない

自分はいつも失敗ばかりで、成功という言葉には縁遠いと感じている人は、失敗したことやうまくいかなかったことばかりをいつも意識しているのです。そのマイナスなことをいつも思ったり考えてしまっているのです。

こういう意識でいるなら失敗してしまうことや何をやってもうまくいかないと感じることを引き寄せてしまうはずです。

こんなときの自分の気持ちはどんな感じでしょうか、いい気持ちのはずがありませんよね。

では、そんな失敗ばかりとか、何をやってもうまくいかないと思っている人は、どんな小さなことでもうまくいったとか、成功したとかということが全くないのでしょうか・・・。

そんなはずはありませんよね。

どんな人であっても、うまくいったことや成功したと思えることはあるはずです。にもかかわらず、自分は失敗ばかりだ、成功したことがないと思ってしまうのはどうしてなんでしょうか・・・。

それは、もうマイナス思考の体質になってしまっているからです。なので、本当はうまくいったり成功したりしているはずなのに、それはたまたまだと思ってしまうのです。

それよりも、うまくいかなかったことに意識を向けてしまっているのです。

では、こんな意識を変えて成功を引き寄せられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか・・・。

小さな成功に意識を向けることができるようになると、成功を引き寄せやすくなる

成功を引き寄せるいつもマイナスの方を見てしまうのは性格もあるので、すぐに変えてしまうことは難しいかもしれませんが、しかし少しずつ意識を変えるための練習をしていくことが大切です。

そのためには、今日うまくいったこと、成功したことを思いだして書いてみるのです。

そんな書くようなことなんかないと思っていませんか?

いや、絶対にあるはずです。どんな小さなことでもいいのですよ。

たとえば、コンビニでお釣りをもらわないように小銭で払うことができた。電車でちょうど座ることができた。ランチをごちそうになった。

という何でもないことでいいのです。そう、ちょっとしたラッキーに思えることでいいのです。

また、仕事を計画通りに終えることができた。飲み会の幹事を嫌々やったけど、結構うまくいった。という小さな成功を体験することが、自分はうまくできるんだと思えるようになります。そこに意識を向けることができるようになると、この小さな成功体験が積み重なって、大きな成功を引き寄せることができるようになります。

自分は何をやっても失敗してしまうとか、うまくいかないということに意識を向けないで、小さなことでもうまくいったことに意識を向けるようにすることで、自分にもできるんだというプラスの意識に変わってきます。

小さな成功やうまくいったということを意識していると、潜在意識もその意識を受け取り、より大きな成功を引き寄せやすくなってくるはずです。

いつもうまくいかないことに意識を向けないで、小さな成功に意識を向けることをトレーニングすれば、その効果を実感できるようになるはずです。大事なのはどこに意識を向けているかです。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ