愚痴や他人の悪口を言ってしまっても、最後は良い言葉でシメる

愚痴や悪口を言う

どんな人でも、つい、悪口や愚痴を言ってしまうものですね。
潜在意識にこういう言葉が刻み込まれてしまうと、自分がその言葉を言われているような状況を引き寄せてしまうかもしれません。

みなさんは、いつどんな時に愚痴や悪口を言ってしまいますか・・・。

そんな災いを引き起こしてしまうかもしれない愚痴や悪口ですが、そうならないための対処方法はないのでしょうか。考えてみましょう。

愚痴や悪口を言わない人はいない?

どうしても愚痴をこぼしたり、他人の悪口を言ってしまいますよね。私自身も、まだまだ人間が未熟なせいか言ってしまうことがあります。

みなさんはどうでしょうか?

私は言わない。あるいは、聞いたことがないという人もいるかもしれません。もしかしたら、ある人からの愚痴や悪口を聞いたことがないということはありませんか?

私には思い当たる人がいます。

そういう人って、自分に厳しいような気がするのですけれど...。

どんな時に愚痴や悪口を言ってしまうのか

愚痴は、自分に甘いときに言ってしまうような気がします。自分に降りかかったことに対する不満ですね。その不満を感じた時に言ってしまうのではないでしょうか。

悪口の言うのは、他人を攻撃するとき、嫌いだったり、イライラしていたり...。どちらかというと、感情が受け入れられないときに出てしまうような気がします。もしかしたら、それでストレスを解消しようと無意識に言っているのかもしれません。

いずれにしても、自己中心的な態度や自分自身を守ろうとする気持ちから出てしまうのではないでしょうか。

なぜ、他人を攻撃したりするのか

悪口を言って他人を攻撃する理由は、自分を正当化しようという思いから起こっている場合もあると思います。それも、自分が不利な立場にある場合には、それを隠すために強い口調になったりするかもしれません。

自分の考えを基準にして、それに合わないと否定的は言葉が出てしまうのかもしれません。

悪口や愚痴を言っている時には、誰かが聞いているはずです。自分を正当化するためのアピールになっていることも考えられます。

自分に思い当たる節はないですか?

自分の周りで誰かが、他人の悪口や愚痴を言っているのを聞いて、その気分はどうでしょうか?

そういう言葉って、あまり気分のいいものではないですよね。特に感情が入っているとなおさらです...。

そういう言葉を口癖のように言っている人がいますが、それを自己アピールだと思っている人もいるようです。それでは、いつしか誰からも相手にされなくなってしまいますよね。

中には、そういう言葉に乗っかって、自ら歩調を合わせて悪口や愚痴を言ったりする人もいます。そんなことをしても何もいいことはありません。それはもっと悪口や愚痴を言いたくなるような状況を引き寄せてしまうだけです。ですので、そんな言葉には乗っからないでください。

言ってしまった時の対処方法

できれば、愚痴や悪口は言わないに越したことなないのです。そんなことで、悪い状況を引き寄せたくはないですから...。

では、どんな対処をしたらよいのでしょうか?

愚痴や悪口を言う仮に、同僚に対して、あいつは仕事ができなくてダメなやつなんだ。と言ってしまったとします。(結構ありがちですが)

それで終わりにしないで、でも、あいつは○○の面倒をよく見ていて良い奴なんだ というように、良い言葉を加えるようにしましょう。

マイナスの言葉をプラスの言葉で打ち消すということです。

これが大切なのです。つまり、人の悪口や愚痴を言ったとしても、言われているその人にも必ずいいところがあるはずです。それを見つけることができていれば、こういう言葉を出すのは簡単です。つまり、その人を認めているわけですから・・・。

しかし、そういうことができなければいつまでも愚痴や悪口を言っている状態が続くと思っていたほうが良いです。

他の人を認めることができてるようになれば、だんだんと愚痴や悪口を言わなくなって前向きな自分になっていることに気付くはずです。

みなさんも悪口や愚痴ではなく、良い言葉を口にするようにしましょうね。

潜在意識が働かないという人はどうしたらいいのか・・・。

潜在意識のはたらきが信じられませんか?

目標を達成する

でも、潜在意識をうまく使うことができれば目標を達成することや成功を手にしやすくるはずです。

そこで、潜在意識を活用するために学ぶにはこちらのページ を参考にしてみてください。

引き寄せの法則がはたらいていないと感じる人には・・・

願いを引き寄せることができていますか?

引き寄せの法則を学ぶ

引き寄せの法則を実践しても、それがはたらいていない人が多いそうです。

それを働かせるための考え方を学べばいいのです。

引き寄せの法則をはたらかせるために学んでみることとは

この記事は参考になりましたか? 参考になったと思われる方は下記のバナーかリンクをクリック願います

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ